読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セーラー服の土汚れ

遊戯王で気になったカードについて無名雑魚が語ります

リンク召喚デッキ

 

お久しぶりです

遊戯王のマスタールール4が判明されましたね

まぁ詳しいことは他のサイトがやってると思うので割愛します

ここでは新EXカード・リンクモンスターを主軸にしたデッキを紹介していきます

 

※注意!

まだリンク召喚にトークンが使えるかどうか、バハムートシャークなど非正規でEXモンスターを出すカードはどうなるかなど不明のため、両方の可能性を考慮してデッキ・EX枠案を複数用意しました

 

では、始めていきます EXの空きはリンクスパイダー3デコードトーカー2です 

トークン使用可能版

f:id:hoikourotan:20170221053249p:plain

トークン使用不可だった場合(バハシャ餅←→カースドジャベリン・ダイガスタフェニクス)

f:id:hoikourotan:20170221053431p:plain

 

リンクスパイダー

f:id:hoikourotan:20170221053531j:plain

デコードトーカー

f:id:hoikourotan:20170221053550j:plain 

 

基本

このデッキは汎用カードを除くと2つに分けられます

①通常モンスター(トークン)を特殊召喚するカード

これらで出したバニラをリンクスパイダーに変換し、デコードトーカーの素材にします

特に創造の代行者ヴィーナスとゴウフウは単純に生成数が多いので強力です

 

②コントロール系カード

はっきりいってデコードトーカーの効果は弱いです。ではなぜデコードトーカーを採用するか。

それは素材の緩さにあります。効果モンスターであればなんでもいいので精神操作などで奪った相手モンスターも素材にできます。

つまり、このデッキは①の展開系カードで2,3枚のリンク素材を稼ぎ、②のコントロール系カードで相手のカードを除去しつつ最後のリンク素材を調達するデッキです。

 

 汎用カードで妨害しつつ、コントロール系カードで除去しながらデコードトーカーを出す

それがこのデッキの勝ち筋です(4月になったらデコードトーカーをガイアセイバーに変えてリンクスパイダー抜きます)

 

また、汎用・サイドのカードに関しては来期に流行りそうなデッキを意識しています

具体的にはKozmo 魔術師 真竜 ノイド 青眼あたりです 

十二獣はなにやらルートが開発されてるようですがそのどれもが会局前提なのでモルモラット通常召喚(あるいはサラブレードからのモルモラット捨てドロー)からの展開は難しくなり、弱体化することでしょう

 

以上でリンク召喚の紹介を終わります

 

新ルールになって色々あるでしょうが、続けるならリンク召喚について覚えておいて損はないと思います

 

ではまたノシ